飛鳥時代 古墳 徐福 日本武尊 などは「古代史の扉」で
 代日本,飛鳥が舞台となったのは6世紀半ばから8世紀初までの約150年です。この間,大陸から「仏教」が伝わり,多くの知識や技術も入ってきました。豪族から「大王(おおきみ)」による支配へ,そして「天皇」中心による律令国家へとうつり変わっていった時代です。名も知られていない小国「倭国(わこく)」が,仏教をめぐる対立,若き皇子の登場,後継争いなどの大きな事件を経て,古代国家「日本」としてここ飛鳥で形作られたのです。仏教伝来から藤原京までの「飛鳥時代」に起こった主な出来事や人物に視点を当て,舞台となった地を実際に訪ねながら史実をつかみたいと考えています。また,飛鳥の自然・遺跡発掘・石造物なども紹介し,少しでも日本人のふるさと「飛鳥」に近づくことができるようにしたいと思います。

飛鳥の扉
asuka-tobira.com
ノック(クリック)してお入りください
自動扉ですが
ノックしてお入りください
Copyright(C)2001-2014 "Team ASUKA-TOBIRA " all rights reserved