飛鳥の四季



飛鳥の扉

3月
 
 飛鳥の春は静かにやってくる。
寂しさいっぱいの田んぼのキャンパスに
絵筆の先に緑の絵の具をつけて点点点
あぜ道にしゃがみ込む
春だなあ
ちっちゃな白い花があるじゃない
これからあったかくなるな

飛鳥寺

飛鳥の菜の花
農家の苦労が花開く
道行く人が足を止め
春の中で深呼吸

二上山
慣れ住んだ地から離れ,
大津皇子は二上山に眠る
変わりゆく飛鳥を
ただじっと見てるかもしれない
古の人たちが造った棚田に雨が降る
雨は神からの恵みの水
祈りを捧げる大王の
声は空に届いている

稲淵の棚田

一雨ごとに
暖かくなあれ

資料館
紅梅 白梅
春だよって教えてくれる
なんだか嬉しいよねえ
「きれいだよ」って
あなたはだれに言ったの?
歩いてみようか
梅自慢の庭探し
お宅は紅
うちは白
えっ
紅白混じった梅もあるんだ

資料館

一休みは資料館で
石像たちが迎えてくれる

万葉文化館
お昼は
万葉文化館がいいかな
コーヒーを飲みながら
となりのテーブルを囲む人たちの話に
耳を傾けてみようか
語ってますねえ
古代史談義
みんな
勉強してるんだ
また丈六の大仏を見に来た
同じ話を何度も聞く
初めて聞いたような顔をする
覚えてようと思っても
すぐに消えてしまう
年なんだって
友人が笑う
あなたも同じ年だよね

飛鳥寺

化粧は落としてね
ホントの色を隠さないでね

石舞台
何が起きても動じないのが好きだな
昔は土の服を着てたんだよねえ
みんなにペッタンパッチン叩かれてるのに
おこらないのも好きだな
あなたの力は大王の上
大王を見下ろすところに家を建て
輝く自分の勲章とした
でも
おごれる者は久しからず

甘樫丘

誰が名付けたのか
ホトケノザ(仏の座)

高取城
気の毒な話だ
削られなかっただけましか
それにしても寂しいだろう
一人でいるのは誰だっていやなんだよね
700年近く経ったよ
そろそろ里にもどしてほしいよね
都の跡を丘の上から見る
たくさんの古代人
外国の人たち
裸足で走り回る子供たち
木につながれた馬
水の都 飛鳥の姿

飛鳥京

もうすぐ頂上
ここは山じゃないのに疲れるなあ
甘樫の丘

飛鳥歴史公園
雷までまっすぐ
右に古の都跡

何もない
また雨
朝から雨
濡れたくないから車を降りない
傘は小さい折りたたみ傘
開くのが面倒だから
降りない

石舞台

寒い
ほんとに春なのですか?

稲淵 棚田
おはようございます
雨降っちゃいましたね
農家の方ですか
ご苦労様
どこから来たのですか?
横浜?
えっ修学旅行ですか?
こんな時期に
へぇー

伝板蓋宮跡

おおいぬのふぐり
って
意味を知ったら笑えます

飛鳥京跡
地元の方ですか?
よく散歩してるのですか?
静かな所に住んでおられてうらやましいです
わたしは都会にあこがれます
今日は子供を連れて実家に帰ってきたんです
ここは何にもない田舎です
やはり町中がいい

甘樫丘で

でも自然がいっぱいっていいですよ

天香具山
高校の時よく言われました
「早く帰らないと電車がなくなるよ」って
街灯も消えてることがあるんです
もう いやっ
って
思ってました


4月
 
よく撮しに来られるのですか?
わたしは時々です
桜を狙ってきたのではなくて
実は偶然満開だったのです
ラッキー

石舞台

まだ咲いてないところもあり

飛鳥坐神社
石段を登って見る
大君をたたえる歌
昔は湿地帯だったところを
開拓して都を築いた
花を見て今を感じる
花に触れ
臭いをかいで命を感じる

坂田寺跡

空の青が好き

坂田寺跡
花吹雪の中
口を開けてみた
舌で花びらを感じる
花いっぱいの春を感じる
明日香の花自慢
レンゲ
一面のレンゲ畑
毎年変わらない春の景色

飛鳥坐神社

水 流れる

飛鳥寺
奈良の花の寺
この季節で有名なのが室生寺や長谷寺
手入れが行き届いているからきれいですよね
飛鳥寺も負けてません
むか〜し 昔 境内だったところに咲く
レンゲ
気づいてくれよ

声が聞こえた
だれ?
あっ
弥勒さんですか

飛鳥川

懐かしい
って
今どこにお住まいですか?

川原寺跡
ここから多武峰は見えますか?
あっちの方だよ
えっ どっち?
見えないねえ
ここにはあまり人が来ないから
むこうは人の畑に勝手に入ってくるからねえ
あぜ道を踏み荒らしていくから

飛鳥小墾田宮跡

5月
えっ食べられるのですか?
ええ よく食べましたよ
黒いのがいいんですよ
ちょっと酸っぱいけどね


石舞台前

地元の方じゃないですよね
はい 長野です

伝飛鳥板蓋宮跡
この下に古の都が埋まっています
掘っては埋め
また掘っては埋め
少しずつつなぎ合わせて
全体像が分かってきます
古代史の研究に
長靴を履いた作業は欠かせません
本物が見たい
写真じゃなくてほんとの本物
いつか
この目で見ることができるようにしてください

高松塚古墳

ありがとう
って
言いたくなる花

飛鳥資料館
外は4個
中は3個
ってなーに?

答えは飛鳥資料館にあり
飛鳥資料館と万葉文化館には
資料がたくさんあって
自由に読むことができます
勉強したいと思って出かけるのですが
天気がいいとなんだか室内にいるのが
もったいなくて
外をふらふら歩いてしまいます
すると
本を読んで勉強したいという気持ちが
消えます

万葉文化館

緑の臭いが好きです

万葉文化館
この水はどこから引いてるのですか?
守衛さんらしい人に尋ねてみました
「・・・・」
へぇー
聖徳太子はこの地で生まれました
キリストの誕生と同じような伝説があります
本当は実在しなかった?
そういう説があるのです
読んでみるとなるほど納得できてしまう
じゃあ 実在の人ではなかったんだ
待って
振り回されないようにしよう

橘寺

よく見ます この花

川原寺跡
天気がいいと
家族連れがここで弁当を食べてます
そりゃあいい気分でしょう
おいしい笑顔見せてますから
わたしの弁当は
大好物の
柿の葉寿司
です
二上山と畝傍山の
X(エックス)攻撃だ!
攻撃って
何を攻撃するのかは知らん
あんた
いくつやねん?

甘樫丘上

また咲いてくれてありがとう

石舞台
4時過ぎがいい
人がいなくなるから
静かな石舞台
丘の上から見てるだけ
そのうち空が赤くなる
落日にはまだ少し時間があったから
急いで行ってみた
なんとなく気になったから
この前は
コスモスがいっぱい咲いてた時
子供たち
野球の練習が終わって帰り支度してた

藤原京

落日

石舞台より
二上山に沈む夕日
皇女はこの景色に涙したのです

石舞台 1周



飛鳥の四季