飛鳥の四季



飛鳥の扉






9月
飛鳥 光の回廊

2007年9月の明日香村

自然に目に入る色を見て美しいと感じる
これは,その時,幸せに生きているということなんですね
悩んでいるとき,苦しんでいるとき
色はあせて見える
灰色にも見える
飛鳥に来て
空の青,田んぼの赤や緑が,
黄金の稲穂が輝いていたら
あなたは,今,確かに幸せに生きています
車の後ろに
静電気を放電させるやつ
つけてるの見たことあります
後ろのバンパーのところ
地面にこすりながら走るやつ
この前,橘寺の門前で
自転車につけてる人見ました
あれは,おかしいですよ

聖徳太子 誕生地

夏があっというまに過ぎていきました
蝉の自己主張ももう聞こえません
代わってキリギリスが鳴いてます
どこから聞こえてくるんだろう
探してみました
近そうですが
見つかりません

橘寺
飛鳥を訪れる人が多くなりました
自転車が連なってます
狭い道
曲がった道
石ころの道
譲り合いう気持ちが大切でしょう
飛鳥がつくもの
飛鳥京
飛鳥寺
飛鳥時代
・・・
チャゲ&飛鳥
say yes

飛鳥寺

五輪塚五輪塔
入鹿の首はここまで飛んできたそうです
板蓋宮からは200m以上あります
鎌足を追いかけたとも言われます
ここに塔を建てたのは誰ですか

飛鳥水落遺跡
天智天皇が建てた最初の漏刻(水時計)
図では仕組みがよく分からず
やはり復元施設がほしいところ
ここには鐘突き堂もあったらいい
村全体に響いたら
ちょっとうるさいかも
亀と言えば浦島太郎
浦島太郎は亀に乗って竜宮城へ行きました
龍宮は
琉球か
つまり
浦島太郎は琉球の城へ行った
音が似ているから
なぜかくっつけたくなる

亀形石造物

今はきれいになりましたが
以前,これに色を塗った馬鹿がいました
純情で
素朴で
温かい
この顔を
汚すことはやめてください

伝飛鳥板蓋宮跡
発掘跡が保存されている場所
と言えば
飛鳥池遺跡
富本銭が出た古代の工房跡
万葉文化センターの中

飛鳥京の跡も
実物を見せてほしい
実は本物は土の下です
たばこを吸う人のマナーです
決して道端に捨てないでください
「土にかえる」
なんて
自分勝手な暴言です
保護地区であろうとなかろうと
ごみのない
きれいなところがいいでしょ

伝飛鳥板蓋宮跡

9月・10月はまだ早い
でも,これから
秋本番の談山神社は一見の価値あり
マウスポインタを画像の上に

飛鳥坐神社
冬,2月に五穀豊穣を祈願して
奇祭「おんだ祭り」が行われた
春・夏過ぎて今は秋
田んぼの稲穂が
風に揺られて語らい
境内の無数の石が
微笑む
    

酒船石遺跡と亀形石造物
飛鳥は石の都
ところで
なぜ石敷なのか
飛鳥京が造られた土地に関係があるのか
飛鳥は神聖な場所に造られた都
   
写真を撮っている人を見ると気になります
何を撮してるんだろう
一応覗いてみます
なーるほど

なあーんだ
の どっちか

ちょっと真似したろ

思って撮した1枚
  

曼珠沙華(マンジュシャゲ)
子供の頃,この花を取ってきて怒られたことがあります
さわってはいけない花って理解してました
後から分かったのですが
この花には毒があるらしいです
特に,肌の弱い子供にはよくないそうですね
親心子不知 でした
三脚使って写真撮ってる人って
年輩の人が多い
20代30代の若い人
あまり見ません
ちょっと考えてみよ
そうか
そうだったか
キーワードは
”手ぶれ”かあ

失礼しました
   

飛鳥の真神原(まかみがはら)
左 飛鳥寺一帯を真神原とよぶ
真神とは古代の狼
神の使い

十七条憲法の一つ
「和を大切にし,人と争わないように心がけなさい」
聖徳太子のこの教えは
永遠不滅のもの

黄金の光さす
古の神々が集いしところ
光の中に
神の姿を見る

晩秋
奈良県内を紅葉前線が北上する
飛鳥の見頃は11月半ば
どこも化粧を始める
夜は寒くなってきた
柿の実
堅いのが好きな派
柔らかいのが好きな派
少数意見として両方いい
通は
「ぐじゃぐじゃ柿がいい」って言う
寒くなって人がまばら
って思ったら
遺跡発掘で現地説明会でもやろうものなら
朝も早くから
人,人,人
道路は車でいっぱいだってば
ま−た石舞台から二上山見てた
寒い
って
ホント
温泉入ってから帰ろ
今夜は満月でした




飛鳥の扉 TOP    飛鳥の四季